自殺にまつわるトリビア(4)。

トリビアと言うより私見。次で終わります。

1.日本は自殺率が高い割に「死」を話題にすることが少ないような気がする。幸いにして未遂で済んだ場合、「死」という言葉を避けないことがポイントのようだ(下線部は南山堂レシピ「うつ病」より。ちなみに売り切れ)。腫れ物に触るような態度は良くない。そして、「こころ」がどうとか癒しとかをなぜかたくさんの人が求めている。変なの。

2.自殺者はたぶん、ぎりぎりまで迷っているはず。そこに説得の余地がある。説得というより言い分を聞いてあげればいい。

3.恩師などとも話したことだが、人の立場が想像できない人が増えている気がする。雅子様ですらバッシングを受けているのがいい例。精神的プレッシャーが大きい場合は、プライベートの外出から慣らしていくのは当たり前では?そんなことも分からないマスコミに深刻ぶられてもなぁ。

ミスT工大。

えらく変わった大岡山駅。 人を不安にさせる建物(by 先生)。 悪いけど、あまりにも絵が下手で受けた。

第1回だったらしい。なぜか5月にもう告知が出ていたのだが、大学祭って10月だったな。そういや昔、野外ライヴ聞いた覚えが。はたと夕方のキャンパスを見回してみると、道行く女の子のレベルはなかなか高かった。

スタッフブログ。ミスを勝ち取った方のお披露目はなしです。残念でした。ミスでなんでウェディングドレス?と看板見て思ったのですが、そうだ、わたしはミスコンのある学部や学校にいたことがないのだった、と。今年になってようやく知ったのですけど、最終審査で着る学校が多いのですね。

ミスの子可愛かった?と学内の人に聞いてみたい気がしますが、もといたところは忙しくてそれどころじゃなかったのでは。

英文ビジネスレターでの挨拶。

昨日珍しくえらく忙しくて、てんてこ舞いだった。意外に馬力が出たので、ちょっと嬉しかった。

英語ビジネスレターの出だしって、いきなり本題から入っちゃう場合が多いような気がする。数時間で納品だったので、しばし悩んだ末「お世話になっております」と日本風に書いておいたんだけど、良かったのかな?

今度なんか本を見ておこう。

カテゴリー: 未分類 | タグ: