えらく気力がなくなる原爆記念日だった。

わたしは広島在住だったころ、あえて原爆記念館を避けた。もう地元TVで流れてくる悲しい話で十分だったからだ。小学生の女の子が材木の下敷きになって、生きたまま焼かれているのをどうすることもできなかった、とか。実際の生活でも、スーパー銭湯に行くと「父親はピカじゃったけぇ」と言っている年配の方複数がサウナにいたり。そこで思い出語りになっていたり。

祈念公園は数回通ったが、慰霊碑を正面から見たときに、ろうそくと慰霊碑とその奥のなんだっけかな、一直線になっているのですが、そのデザインの美しさに感動すると同時に、ここで感動しちゃいけないなーと複雑な気分になったことを覚えている。

祈念公園の中にはコンサートホールなどもあるので、割と普段は「市民の憩いの場」ぽい。そうしてわたしは、もと爆心地でお茶を飲んだり、買い物をしたりしていた。

今日夜の7時のニュース(NHK)だが、トップが広島、次がイスラエルとレバノン、それにいかにも使えなさそうな安保理決議、そのちょっと後に(ローカルな平和問題として)監禁問題の順だった。広島の人がいくら祈ってみたところで、戦争も暴力もなくならない。特に今日は無力感を感じた。そのわけはと聞くのなら、ここ60年にあった紛争や戦争を数えてみるといい(わたしはパスしたいが)。

Skypeをはじめると、圧倒的にコンタクトのリクエストが多いのは中国とかマレーシア、次に割と来るのは中東方面だ。要するに、白人があまり来ない。ちょろっと韓国からもリクエストがある。害のない食べ物とか文化の話をしていると、ほぼ日本人との差は感じない(さすがに、今中東方面の人にイスラエルの話題を振るのは危険だけど)。

でも、何で国家レベルでは喧嘩するんだろうな?ととても不思議。眠っている被爆者の方も、最近やっと安い金で認定された被爆者の方々も、これでは安らぐことができないだろう。だから、8月はブルーになる。

追記:被爆者の方の絵とか見せるだけで諸外国には結構インパクトがあると思うが。

アクセス解析付け忘れてた。

道理で解析見てもあんまりブログのページが引っかからないはずですよ。テンプレ変更のときに忘れてました。SereneBachには簡易解析はついているので、大まかな傾向はそこで見ています。やはり始末書には根強い人気があります。

AccessAnalyserを入れ直しましたが、わたしはテクがないのかいつもロゴを表示できません(苦笑。

Sitemeterは暇があるとき解析結果を見ていると、訪問もとの国がいろいろあって楽しいのですが、どうも使いこなせてないので、改めてやり直します。

嫌な予感のする原稿。

某有名企業の仕事の一部らしいというトライアルを見ると、何かWordに直されるくらいの日本語(日英なのです)。注意書き程度ならともかく、技術的な話になったら困るので、トライアル出さないことに。しかもpdfが画像だし(あとで絶対苦労する)。

他の医薬日英トライアルなんかは、だめかもと思いつつ辞書を引き引きやってます。特に医薬なんかで日英のできる人は少ないんですよね。おっとこれは液体だから複数形にしちゃいけないじゃん、とか考えながら。

あと、ぜひ登録していただきたい医薬専門の会社から(書類が通って)トライアルが来ているので、忙しかったので遅れてすみませんと言いつつ絶対やろうと思っております。

何か結局4本ほどあるのかな。

カテゴリー: 未分類 | タグ:

「ウルジマラ(泣くな!)」

ウルジマラ(泣くな!)

ウルジマラ(泣くな!)
文學の森
帰るべき国がない、哀切なコリアン二世の俳句集。

県立図書館で装丁だけ見て借りました。「負け犬の遠吠え」などで仕事をされた井筒啓之(ひろゆき)さんのお仕事だった。

うわあ悲しいな、という句が多い。著者はそのつもりで書かなかったらしいけれど、後で見たら悲しいのばかりだ、と自分でも思った、とあとがきにあった。

生国にして他国なり葱坊主

(退職)職を捨て通名(つうめい)を捨て青き踏む

汗拭くやハングルの本贈られて

(黛まどかさんにもらったのだが、著者はハングルが読めないのでした)

「チョウセンジンきらい」と泣きし七歳(ななつ)の夏

帰属する国を喪くして日向ぼこ

100%日本人だけれど、疎外感だけはいつも感じてきた人間なので、何となく言いたいことはわかる。

この本は著者贈呈なのだったのだけど、ベッドの上に他の本と積んでおいたら7月ごろに大雨が降って、贈呈マークがはがれてしまった。姜さんごめんなさい。買う本リストに入れときます。というか、もしかしたら引き取らないといけないかも。

あと、あとがきより。あまりにも素晴らしいので1/3くらい引用させて頂きます。

「ウルジマラ」とは「泣くな」という韓国語である。朝鮮民族は悲しいとき辛いとき拳で大地を叩いて「哀号(アイゴー)」と哭く。声を上げて泣くことが悲しみをやわらげる唯一の手段であることを長い歴史の中で身につけてきたのだ。差別の中で彷徨う在日コリアンは、これからも「アイゴー」と嘆き「ウルジマヨ」と慰め、唇を噛んで生きてゆくしかないのだ。

三世くらいになるとだいぶ意識も違うようですが。韓国・朝鮮の人が大泣きする理由がよく分かりました。たしかに、悲しいときに泣かないと余計悲しいですよね。