css Zen Garden: The Beauty in CSS Design

css Zen Garden: The Beauty in CSS Design

 知人にCSSについてメールしようとして、思い出したのがこれ。右端のバーをクリックすると、まったく印象が変わる。

 このブログも使ってますが。最近変えたので、amazonバーがまだ出てません。このZen Gardenは本にもなったそうです。
いいなあ、疲れたときに眺めたら面白いだろうな。

片頭痛と緊張性頭痛が一度に起こったら。

 今まさにそのような感じになっています。もちろん市販薬で済ませるのはもってのほかで、専門の医者(脳外科とか神経内科、頭痛外来など)にかかるべきですが、頭は「冷えぴた」なんかで冷やして、肩はあっためるというのが正しいそう。

頭痛の原因は複合的で、いまいち分かっていないそうですが、セロトニンが関わっているそうなので(地元ニュースで見た)、眠りのほうをいじったら改善しました。

国民生活金融公庫と「ハダカの城」。

「ハダカの城」は全部見たのですが、ネタバレしそうでうまく書けず。stochinaiさんがうまくまとめてくださいましたね。

なんかあったら、「おのれ畜産業界」を「おのれ○○」に変えて言ったろうか、と。もう、言うネタ山ほどありますが。

で、日本ではどうも犯罪被害者はさらに傷つけられるシステムになっているようです。警察や弁護士も例外ではありません。

昨日、国民生活金融公庫にダブルの頭痛を何とかしながら出向いたのですが、担当者の目の前でお薬を飲まなければいけない状況に。それ、北陸銀行で聞いたよ(それもけちょんけちょんにな)、富山信用金庫でも聞いたよ、って話をまたされまして。分かったから何回もしないでいいって。

担当者さんの「できることなら全員に貸してあげたい」という言葉に深い苦渋の色が見え、たぶんあのあと自棄酒でも飲んだのではなかろうかと察しますが、システム上、犯罪被害者を助けるシステムというのは確立していない。どんな理由があろうとも、携帯などの未払いがあれば事業を始めたくてもマイナスとみなされる。あと、事業規模、実績、それに比較しての融資金額のバランスなどが考慮される模様です。

うちの親はかなりここで実績があるのですが、最初は大変だったそうなので。

で、帰りにGABAチョコをバクバク食べながら、「こんなん、水谷社長に比べたらなんでもない、なんでもない」と思いながら運転してました。まあ、バイト探しておいて正解だったな、と。

そういえば、枯れてたクロトンの片方がどんどん伸びてます。

ハンドル変えました。

「ハダカの城」の件で、みんなわたしをどう呼んでいいか混乱が見られたので。「吉田さん」とか「吉田博子さん」でおっけーです。ただ、ブログのシステム上、アルファベットしか受け付けてくれませんので。

ちなみにわたしの総画は「英雄がもつもので、凡人が持ってはいけない」とされます。ある意味凶画です(26)。中田英寿なんかもそうですが。ですけど、吉とされる画を持っている間、何にもいいことがなかった。それで、この名前は仕事上としてずっと使い続ける覚悟でいます。

Posted in Uncategorized | Tagged