西宮冷蔵ドキュメンタリー「ハダカの城」試写。

映画学校の先生なのでしょうか?ちと余裕なくて最初から読めてないのですが。

ここが縁でお知り合いになった「しばきゅー」さんのこのエントリで書いてますが、試写が行われます。行けば見られると思いますが。

このためだけに行ってもいいくらいなのですが、問題ははっきり言って旅費なんですよね。高岡駅2時発の急行とかもあるのですが(笑 朝の、です。そういえば、時間つぶせそうな場所知ってるわ。

要らぬものを見つけてしまった。

The Prestige ウェッジウッドの芸術

The Prestige ウェッジウッドの芸術
講談社
意外な発見が多い。

図書館をぶらぶらしていると、ウェッジウッドの歴史や主な作品の写真集があった。最初は青白ではなく、白黒だったんだ。へええ。わたしはピーターラビットものだけふたつ持ってる。美術館所蔵作品なんかをを見ると、これはやはり庶民のもつものではない、と。

でも、今日もストーク・オン・トレントには日本人観光客がわんさと行っているんだろうな。

初代ウェッジウッド卿はたしか18世紀の生まれで、あとで「卿」とついてますが、小学校をやめてます。だからあまり裕福な生まれではなかったのでは。陶芸に関しては独学なのかも。余談ですが、ヴァージンのブランソン氏も義務教育のみ。

さらにぶらぶらしていると、昭和初期の文学や詩集がそのままのレイアウトで復刻されている棚を発見。たくさんありました。たぶん探しちゃうんだろうなー古書で。ああ、見つけてしまったよ。こんなに。どうしよう。

「訴訟」。

訴訟

訴訟
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
父と娘の法廷での争い。すばらしい。

主演はジーン・ハックマン。わたしはまだまだアナログ派の人間。おニューのマシンなどでDVDは見られるけど、まだビデオをかなり使う。中古でビデオを買ってきた。

フランスがなんか大変だ。

デモだのストだの。今から請けるかもしれない仕事にも影響出るな。ぱっと見たテレビで、「若者の気持ちはわかる」と言う老婦人、「わたしだってデモに参加したかった」という若い女性。

雑誌なんかでやっている、パリジェンヌの格好だけがフランスじゃないわけですが。うろ覚えだけど、フランスの自殺率は高かった気がする。

タンタトゥリス。

資生堂ウェブサイト。許可が出るまでかなり時間がかかりました。トップからこの名前を打ち込むと画像や商品情報が出ます。

世界でもあまり例がないはずだが、東洋らんの香水。富山の植物園で、開発チームのチーフ自らの講演を聴かせていただいた。天然物の成分抽出は難しい。わたしが以前驚いたのは、まだ緑茶成分がここまで言われてなかったころ、農工大のチームがmgの成分を取るためにトン単位の茶葉を使っていたこと。

わたしはブーケのアレンジも雑誌などで見るのは好きだが(滅入っているときは避ける)、それはやはり技術的に難しいから。で、香る花といえど、「ああいい香りがする」と思ってもらうには数十本は使う必要があろう。それが香水だったらどうなるか。

この香水の場合、市場から東洋らんが消えたという。買ったのは資生堂さんだとうわさが流れたとか。香る春蘭だから、中国系のものだろう。成分名データもちらっと見せてくださって、「危ないこんなものを出して‥‥」とおっしゃっていたが、思わずメモってしまった。もう最初の2文字しか覚えてないけど。

近所でオード・パヒュームを売っている店がある。以前使っていた時期があるのだが、最初はかなり濃厚。シャネルほどではないが。残り香になってしまうとかなり好みで、あまり似た香りがない。開発者氏はオード・トワレのほうが出来がいいとおっしゃっていたが、あまり近所では数が出てないと聞いた。

ソースは2ちゃんキャッシュだが、成分の花は「一茎九花」という中国のらんだという情報も。

「いみず」だってば、「いみず」。

よく「いずみ」と間違えられるんだよな。今朝はNHKのラジオまで間違えてたしな。わたしが以前大きい横転事故にあったとき、連れて行ってもらった病院。救急車は出なかった。頭打ってたけど歩けるってことで。ので、同乗者の別の車乗せてもらって。

「これでいろんな窓口さんに間違えられないですむな」というブラックジョークはさておいて、わたしは簡単にこの担当医を責めることができない。経過も知らずに適当なこと言ってもいいのか?尊厳死のマニュアル作れとか言ってたTVのひといるけど、上でNOと言われて、早く楽にしてあげたい担当医が歯噛みするようなことになったらどうする?医局って面倒なとこらしいし。

尊厳死、安楽死を認めているのは知る限りオランダ。2人以上の医師でダブルチェックするとかいう話だったはず(その2人が仲悪かったらどうするんだろう)。地元新聞では「高瀬舟」を出しているコラムがあったが、要するにあそこから進歩してないわけ。いつの話だあれ。

ドクター・キリコは自殺幇助はしなかった。ケボーキアン博士は今どうしてるのだろう。

平家物語英訳。

このキーワードで来られる人がときどきいらっしゃるので。

http://www.genji54.com/cpoetry/heike2.htm
より引用。

「祇園精舎の鐘の声」のくだり。

Chapter One, Part I Gion Shoja

 
(The Opening Lines)

The pealing of the bells of the Jetavana temple
ring with the sound of the impermanence of all material
things.

The color of the paired Sala trees gives
witness to the truth that all who flourish must necessarily
perish.

Those who flaunt their pleasures are not long
for the world;

they are as brief as the dream of a
Spring night.

And the brave ones are vanquished
in the end;

they are merely as specks of dust before
the wind.

素晴らしい訳ですね。沙羅双樹=シャラ(夏椿)?という疑問があったのですが、誰が言い始めたのか分からないけど違うもののようです。沙羅双樹はインドにあるそう。

本棚増殖中。

田宮のプラモ用絵の具は水性なので、セコハンで買ったカラーボックスなどを塗るのにちょうど良い。筆やハケを洗うのは水でいいし。

楽天の楽しい仕事場を創る家具屋orientalさんでちょこちょこ買い物をしている。SOHO向けに使えるものが多いから。文庫本の処理に困っていたのだが、決算期なのか半額になっているので、2個ほど買った。1個はほぼ組み立て終了。

大特価!おすすめ商品本棚(スリムタイプ)0325アップ祭2 0330アップ祭2(クリックすると楽天に飛びます。在庫がまだあるか分かんないけど広めのサイズもあり。)

机などの家具カタログを頂いたが、なかなかいい感じだ。ま、この狭めの部屋では机変えてもどうもなぁ、と思うけど。”Garage”は見てて楽しい。

危ない航空会社、EU「ご注意」 高麗など – 国際

asahi.com:危ない航空会社、EU「ご注意」 高麗など – 国際

うわー、バングラデシュ乗ったことあるよ。たしかに大揺れして落ちるかと思ったな。

EUのサイト内検索だとこういうのしか出てこなかった。新しい記事はないな。

で、フィンランドのBording.noで見つけた記事。

European sky protected against unsafe airlines

The European Commission has adopted the first EU list of airlines which are banned in the European Union.This black list of unsafe airlines will now be published on the Commission’s website. The black list has been compiled on the basis of national contributions and after an in-depth analysis with Member State experts. The list consists of 92 companies which face a complete ban and 3 companies which face operational restrictions. From now on the principle will apply that companies banned in one Member State are banned in the whole EU.

92社が危ない、そして3社が制限付きと。記事の最後にPDFのリストあり(リストを開く–pdf)。

具体的に挙げちゃうと、asahi以外のものに関してはシエラレオネ、そしてコンゴが圧倒的に多い。

Finair_bording.no

新聞中にあったフィンランド航空、Finnairの写真。あまりに素敵すぎて、もらってしまいました。ロールスロイス社のエンジンが搭載されるそう。

TRADOS TranslationZone

TRADOS TranslationZone

いつぞや書いていたSDL/Trados(←管理人が間違えてました)がここでまだ割引している。

これは「翻訳メモリ」と言う。わたしの知る範囲だと、過去の訳例をメモリとして取っておき、必要なときに取り出して置換する。かなりのハイスペックを必要とされるので、マシンもそれなりでないと動かないそう。例えばメモリに70%マッチしていたらその分ダンピングされるとか、悪例がそのままコピーされるなど問題はあるらしいが。

実際、これ持ってないと仕事が来ない、ってケースが目立つ。てわけでマシンは明後日来る。