その漢方薬、見せて~!

yutan

のむら薬局さんのサイトより。熊胆(実際には牛胆)は腹痛にえらく効く。

いつになく格調が高かった(?)タモリ倶楽部の前に、偶然回したら「サイエンスZERO」が入ってました。

富山大医学部(旧医薬大)には和漢薬研究所があるんだが、大学名はまだ違和感がある。例によって積んでおくばかりだった日経メディカル(一般版)では3年前くらいから言ってたが、お上の方ではこれから漢方も教えることになった(16年以降)。

3次元NMRらしいものや漢方薬の原料がバシバシ出てきて、スパイス好きのわたしはまあどうしましょうという感じでした。

一時期見ていた「チャングム」でも、かなり共通の材料が出てきてた。そういやタミフルもスパイスからできてるんだったな。たとえば肉桂はシナモンだし。陳皮はオレンジピールみたいなものでしょうし(違うか?)。

広島にいた頃、漢方医にお世話になっていたのですが、近ごろの化粧品への配合には困っているそう。医薬品クラスが最高級なんだけど、化粧品に使われると品薄になるから。

あと漢方は日本に入って話が変わってきたらしく、富山でも西洋医学絶対ダメ!て人もいます。切れ味がすごいものもあるので、処方医師や薬剤師がよく作用を分かっていないと、処方は難しいなという印象を持ちました。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s