シャロン氏、手術結果良好。

Hospital officials initially said Sharon’s life was in danger. But after the four-hour operation, Mor-Yosef said, “The situation is serious, it is stable, it is critical, but there is no immediate danger to the life of Prime Minister Ariel Sharon.”

もう何回目の手術か分からなくなってしまいましたが。腹部が腫れていて、CT撮ったのち腸を約50cm切除。3月28日に選挙があるそうです。ただ、skypeで会ったお友達(イスラムの勉強もしている)が言うには、シャロン氏の評価は分かれている、と。こうも言っていました。「話は絶対終わらないよ」と。わたしは何とか共存の道がないかなあ、とニュースを見るたび悲しくなる。

Sharon listed as stable after intestinal surgery – Africa & Middle East – International Herald Tribune

この人って、何となく祖父を思い出させます。お家に帰って畑やって下さい。できなかったら眺めるだけでも。ぜひ。

詳しいバイオグラフィをもらったので、そのうちサンプルとして上げます。