気の毒すぎる室生犀星。

しばらく「日本の詩歌」シリーズ(図書館にあるかもしれないし、スーパー源氏などで入手可能。古書)を眺めていたのだが。というのも犀星には雪国を扱った「そうそう、そうなんだよね!」と言う詩があったのを思い出したから。昔ダイジェストで読んだ。

で、恐らく全部収録されているであろう作品を読んでいたら、犀星は金沢を捨てたんですね。でも「犀」は犀川の犀だろうし。どっちが先なのかしら。いま半分まで読んだが、有名な「ふるさとは 遠くにありておもうもの」(あやふやですが)はまだ出てきてない。どんな気持ちでこの詩を書いたのだろうか。旧四高の縁だというだけで金沢大の校歌を書いたのだろうか。複雑な気持ちだっただろう。(2016/07/21 3:34追記:かなり考え違いというか、知識不足でした。冬に記念館にも行ってきました。生まれは確かに親と呼べる人がいなくてお寺で育ったようですが、金沢のことは大好きでよく帰省し、奥さんも金沢の人で金沢の食べ物も「お取り寄せ」するくらいでした。四高には行っていません)

ライフヒストリーは、中原中也の詩集に前書きを書いてることから予想はついていた。こんな本借りる人あまりいないので、買う手続きはしたのですが、延長かけて待ちます。

付箋貼っていたらきりがなくなってしまいました。カバーは空色、縦書きでルビ付き、下に上品なラベンダー色で解説がある。装幀もとてもいい。

子守歌

 

雪がふると子守歌がきこえる

これは永い間のわたしのならはしだ。

窓から戸口から

空から

子守うたがきこえる。

だがわたしは子もりうたを聞いたことがない

母といふものを子供のときにしらないわたしに

さうゆふ唄の記憶があらうとは思へない。

だが不思議に

雪の降る日は聴える(きこえる)

どこできいたこともない唄がきこえる。

もう1作。

氷柱

見てあれば

氷柱(つらら)もけさはとけにけり。

雪かきのけて見れば

春はちひさき腕をくみ

よめ菜のかげにひそみ居り。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中