マイクロドーズ試験について。

いわゆる「代替法」で注目されている。もともとはEUが発祥。試験が人体ででき、1回で終わる(間違ってますでしょうか(^_^;))というところが受けているらしい。たしかに、愛玩動物が実験用になると思うとやるせない人は多かろう。

で、人体でやるという発想が出る。実際、生きものを飼ってみて思うのは、「構造が違う」「習性が違う」「○○(臓器)ってどこにあるの?」みたいなこと。特に病気されると、ヒトと違うので大あわて。

……話が逸れたので本題に戻ります。Accium BioSciences社の作成資料。

http://www.fda.gov/cder/meeting/clinicalResearch/chansler.ppt

(PowerPoint文書)FDAまで話が行っているのですね。

一方、本家のヨーロッパだけど、

EU公式サイトの一部らしいResearchの記事より、MEDICINE, RESEARCH
Major injection of EU funds for a microdose project

検索がぽしゃると、「サービスが利用できません」が数カ国語で書かれているのが笑える。

横に出ている参考記事として、DrugResearcher.comHuman microdosing proves its value in drug もある。

いま分かるのはそんなところです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s