「先崎学の浮いたり沈んだり」。

将棋は全然できないが、かなり面白い。というか可笑しい。

先崎学の浮いたり沈んだり

先崎学の浮いたり沈んだり
文藝春秋
棋士のエッセイ。雑記、生計の立て方、裏話など。

結局自分とは違う業種の文章を訳すわけだから、異業種の、特にフリー的なお仕事の方が書いた文章は共感できる。小学生相手に100面指しができるのに自分の棋譜を覚えてないと言ったあたり、人の頭って不思議なものだ、と思うことしきり。

広告