パソコン職業病―頚肩腕症候群

よく言われる「VDT症候群」です。
Workraveというソフトを使って大体10分おきに休んではいるんだけど、どうしても上半身が凝ってしまい、医者に行ってきた。行くのなら脳外科か神経内科だろうか。最近は医療が専門化されていて、患者も多少調べないと専門違いの先生のところに行ってしまう。

頭痛外来などはかなりの人気らしい。整体やアロマ、リフレクソロジーが人気なのも多分そのせいだろう。でもマッサージ系は、環境が元のままだとあんまり効果がないような気がする。

芝大門クリニック のサイトより

過労性疾患(頚肩腕症候群、非災害性腰痛)についての『よくある質問』

過労性疾患の治療・療養Q & A

ずっと座りっぱなしだと全身凝っちゃうのね。怖いなあ。

医師が「職業はなんですか」と聞くので、「ん?自営って書いたけど」と思いながら答えたら、どうやらPCを使うことが問題みたい。以前グラフィック系ソフトを使う仕事をしていて、目にはてきめんだった。最近は電子カルテが入っているので、医師もどうやらお悩みのようで。

Posted in Uncategorized | Tagged